オペラ蝶々夫人を再び・・・

b0187479_12485414.jpg

大親友の ここあさん宅で・・・

昨年 2016年7月24日に 観に行った

オペラ 蝶々夫人 の DVD鑑賞をしました!!


ここあさんは オーケストラピットで

コントラバスを演奏・・・


オーケストラピットからは 
舞台の上は まったく見えないらしい・・・


b0187479_11541163.jpg


b0187479_1157022.jpg

ここあさんちの 愛犬 セブちゃん

なぜか? いつも わたしの膝の上に 乗っかってきます(笑)

可愛い❤ (ノ∇≦*)キャハッッッ♪




b0187479_12324924.jpg

DVDでは 字幕が無いので・・・
和訳が載っている本を見ながら・・・




b0187479_1250509.jpg

プッチーニの 蝶々夫人と言えば・・・

有名な 「 ある晴れた日に 」




蝶々さんが

着物の袖を 揺らすたび

ちょうちょうに見えた・・・





作曲家プッチーニからも賛辞を受けた
蝶々夫人を演じる三浦環の 「ある晴れた日に」


オペラの ストーリーを知った上で 聴くと

何も疑わず 一途に ピンカートンの帰りを待ち続け 愛する切なさが

ものすごく伝わる・・・






【ピンカートン】
わからない!... わからないんです!
どれほど惚れているんだか!
愛なのか、遊びなのか何とも言えないんです
間違いなく彼女は
無邪気な仕草で僕の心をとらえました
薄く吹いたビロードのように軽やかな
その容姿 そして立ち居振る舞いは
まるで屏風の絵姿のようでした
けれどその光輝く漆塗りの背景から
突然飛び出してきて
蝶々のように舞っては止まる
静かな優美さで
すると捕まえたいという熱情が僕を襲うのです
たとえその羽を傷つけてでも


【シャープレス】
とても残酷なことだよ 
そのしなやかな羽をむしったり

信じ切っている心を悲しませたりするのは


【ピンカートン】
そんなに悪いことではないでしょう 
僕がその羽を
愛の甘い飛行のために広げるのも!



そして、いつか僕が結婚する日のために
本当の婚礼をアメリカ人の花嫁と!




ひ、ひどい (ノω・、) ウゥ・・・

(-""-;)ムム・・・ 腹立つわぁー!! 



第1幕 オペラ冒頭の



結婚式のために ピンカートンの元へ

蝶々さんが 歩きながら傘をさして 

舞台に登場する場面で・・・



4月に 我が家で サナギから羽化して
 
羽が 片方変形していた キアゲハ 

b0187479_1921822.jpg


やっと 蝶になれたのに 
空を飛べないまま 死んでいった 
短い命の キアゲハ と 



これから 始まる 悲劇・・・

蝶々夫人の切ない物語と


いろいろな 思いが 重なり

(ノω・、) ウゥ・・・ 泣けてきた・・・




結局 最後まで

感情移入しまくりで


泣きまくり~~~~


 (ノд・。)




b0187479_22343216.jpg

ハミングコーラスが 聴こえてくる・・・


蝶々夫人と ピンカートンとの間に生まれた息子と 女中のスズキ
3人で・・・

家の障子の穴から 長崎の港を覗き見て

ピンカートンが乗る船の帰りを

ずっと 朝まで待つ 場面・・・



b0187479_9233853.jpg






オペラ 蝶々夫人  ハミングコーラス



オケの 演奏だけじゃなくて

人間の声

ハミングの 合唱


この場面で

こんな音楽・・・



ピンカートンの帰りを一途に待つ 蝶々夫人


叶わない 望みを 純粋に信じている蝶々夫人を

いたわるような 慰めるような

ハミングコーラス


これから 散っていく 

蝶々夫人の 安息を神に願う 

レクイエムのような・・・


ハミングコーラス

弦楽器の ピチカート が


とても 効果的で

より せつない感じが 伝わる・・・


プッチーニ すごい・・・ ・゚・(ノД`;)・゚・







やっと 日本へ帰ってきた ピンカートンは
アメリカ人の妻と共に・・・

後ろめたい ピンカートンは
蝶々夫人に 会おうともせず・・・


アメリカ人の妻は

「彼の跡取りとして責任を持って 私に育てさせて下さい」

子供を引き取らせてほしいと・・・


b0187479_18421992.jpg

誇り高く生きられないのなら
誇りと共に死すべき





b0187479_18562248.jpg

全てを 悟った 蝶々夫人は

子供に 別れを告げ・・・


b0187479_1911870.jpg

父の形見の刀で

自害・・・



b0187479_21355857.jpg

何も 知らない 子供が

無邪気に 旗を振っている姿が

しかも アメリカの国旗・・・


余計に 泣ける・・・




b0187479_9241148.jpg

・・・  

    バタフライ・・・


家に近づくピンカートンの声が聞こえてくる




b0187479_1914785.jpg


バタフライ・・・


時すでに遅し・・・






(TωT)ウルウル
 一途に愛する せつなさ・・・



いや~ それにしても

プッチーニが 作曲した 「蝶々夫人」


「さくら」 「君が代」 「越後獅子」など

日本の音楽や アメリカ国歌も 

オペラの ストーリー上 

的確なところに 盛り込まれていて~

アイデアやセンスに 感嘆!!



日本の音や音楽など

自然に取り込んでる感じが 本当に驚かされる

どうやって 日本のこと 把握したのだろう・・・



b0187479_21333627.jpg

( ̄∇ ̄ノノ"パチパチパチ!!


蝶々夫人の ストーリを知ってても

全幕を

音楽と 歌と 舞台演出など 合わせて

観て 聴くことで


感じるモノ・・・




プッチーニの音楽

オペラの魅力を

堪能しました・・・。

( ̄∇ ̄ノノ"パチパチパチ!!


b0187479_2222479.jpg

今日は 新年会を兼ねたので (笑)


お昼は ここあさんが 用意してくれました!! 感激~☆


辛口ジンジャーエールで
乾杯!!


・・・つづく






踊る大捜査線「Love somebody Jesus Version」



ハミングコーラスで

なんだか この曲が 浮かんでしまった・・・。




b0187479_2230574.jpg

なんだか タイミング的に

蝶々夫人を 思い出してしまう・・・


   違う 違うっ ヾ(-д-;)ぉぃぉぃ




b0187479_2311206.jpg


なんだか ピンカートンが トランプ氏に見える ( のちに 大統領・・・)

   ヾ(-д-;)ぉぃぉぃ  髪型だけ





b0187479_22544213.jpg

   
   
   
   
   
by felt_sangopapa | 2017-01-06 10:47 | 吹奏楽&司会&オケ&音楽 | Comments(0)

本物みたいにフェルトで手作りした「食べられないケーキ屋さん」です 下野市にあるアトリエ&ショップにお気軽にどうぞ!時々司会者に変身?最近はフェルトよりも日常ネタと駄菓子屋ネタと音楽ネタばかり?


by felt_sangopapa
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30