人気ブログランキング |

ラッキードラゴン

ラッキードラゴン_b0187479_2591683.jpg


涼しくなってきまして・・・
ワインが 飲みたくなってきましたぁ~♪  (=^~^)o∀ウィー


4年ぶりの優勝が見えてきた?!
オレ竜V大前進! 中日ドラゴンズ

・・・ いや その ラッキードラゴン じゃなく  ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ 


ちょっと・・・ わたしの頭の中に ずっと ある こと な モンで ・・・(;´▽`A``


先日の 吹奏楽コンクールで・・・

課題曲のほかに 自由曲の演奏があるのですが・・・

他の学校と 同じ曲だったり すると・・・

聴き比べができちゃったりして それはそれでおもしろい♪

加えて それが  なぜか前後に順番が続いてしまうこともあったりする!!

運命の 悪戯なのかしら~? ・・・・・Σ( ̄⊥ ̄lll)・・・・・ なぜ 前後に?



ラッキードラゴン ~第五福竜丸の記憶~ (春日部共栄高等学校 2009年全国吹奏楽コンクール金賞)

この曲を 自由曲にしていた学校が 複数ありました・・・。

その中で・・・
栃木県の 作新学院高等学校 の演奏が・・・

私の中では (T(T(T(T_T)T)T)T)うるうる びびびび~ でした・・・。


私たち 聴き手に 何か 大切なことを伝えようとしている・・・。

ものすごく その 思いが 入ってくる 伝わってくる 感じだった・・・。

曲の 場面 場面で  何度も 涙しました・・・。 (ノ△・。) 





なんで ラッキードラゴンなんだ?
  なんで ラッキーなんだ? 
 
福竜丸 の 福  と 竜 だから ???



  どーも しっくりこない・・・ (-ω-;)ウーン




今日9月23日は、第五福竜丸の無線長だった 久保山愛吉さんの 命日でした・・・。

第五福竜丸(第五福龍丸、だいごふくりゅうまる)は
1954年3月1日、
米国の水爆実験によって発生した多量の放射性降下物(いわゆる死の灰)を浴びた
遠洋マグロ漁船の船名である。
  (ウィキペディアより)


昔、聞いたことがあったのに・・・ 船の名前も 出来事のことも 忘れてた・・・。


久保山さんたちは、
自分たちがアメリカの軍事機密(水爆実験)に遭遇してしまったことに 気づきました・・・。
そして、もし無線で被害を受けたことを母港の焼津に知らせてしまったら
その内容をアメリカ軍に 無線で聞かれて、撃沈されてしまうだろうと判断しました。

第五福竜丸は、外部になんの連絡も一切せず・・・
想像に絶する2週間、被ばくした状態に耐えて・・・焼津港に帰り着きました。

久保山さん含む 船員23名は、
自分達の知恵と勇気で 
こんなに危機的状況の中で冷静に行動し 
2週間もかかりながらも 必死で生還して・・・

この水素爆弾の事件を世界に伝えたんです・・・。

生き証人として・・・。

このことで 反核運動の原動力となり 世界が変わったのです・・・。


アメリカを代表する画家ベン・シャーンにより
第五福竜丸事件を主題とした連作絵画『ラッキードラゴン』が描かれています。


作曲家の福島弘和さんが その絵画『ラッキードラゴン』から受けた印象を元に
この曲を 作曲されました・・。

ベン・シャーンが絵のなかで
「第五福竜丸」を THE LUCKY DRAGON(運のよい竜)と書いたそうです・・・。

米軍側が水爆実験の詳細を隠すために
第五福竜丸は 米軍に撃沈されてしまう可能性が高かったのに・・・

勇気ある 23名の帰還・・・。

撃沈されずに済んだ・・・THE LUCKY DRAGON(運のよい竜) 

日本語で詩文をつけた、アメリカ人の詩人 アーサー・ビナードさんは、
第五福竜丸の無線長・久保山愛吉さんたちを 「英雄」 だと言っています・・・。

アメリカ人なのに 日本人に対して そう 言うんだね・・・。

久保山さんたちは、単なる犠牲者ではなく、英雄なんだ と・・・。

   
  ラッキードラゴン・・・。

   ~ 第五福竜丸の 記憶 ~



久保山さん含む 船員23名
画家 ベン・シャーンさん
詩人 アーサー・ビナードさん
作曲家 福島弘和さん

それぞれの 第五福竜丸の 思い・・・ (T_T)


あぁ~  もう一度 聴きたい!!


(今となっては You Tube の 春日部共栄の 演奏しか聴けませんが・・・)


わたしなりの イメージで 再び この曲を 聴きました・・・。 



より一層・・・思いや 情景が 浮かんできて・・・ 

(T(T(T(T_T)T)T)T)うるうる びびびび~ でした・・・。


いろいろ 深く 調べたり 考えたり

物事を 掘り下げてみて 味わってみる 楽しみ方も また おもしろい・・・。





 
演奏する側も・・・

聴く側も・・・


感じる・・・ イメージする・・・ ってことは 大切なのかもしれない・・・。


何にでも 言える事かもしれない・・・。


フェルトのケーキ作りも・・・

料理も・・・  仕事も・・・   etc





私たち 聴き手に 何か 大切なことを伝えようとしている・・・。

ものすごく その 思いが 入ってくる 伝わってくる 感じだった・・・。

曲の 場面 場面で  何度も 涙した・・・。




吹奏楽コンクールのとき・・・
第五福竜丸のこと よく 内容を知らない状態で 聴いて
そのとき 伝わってきて 感じた もの・・・


あの 感覚が  また 味わえるといいな・・・。



自分たちの音楽が出来た って ・・・。

みんなが一つになって 曲の思いを 音で表現出来た って ・・・。





そう みんなが思えたって コトが 素晴らしい~☆

よかった・・・ (´ー`*)。・:*:・ 



感動を ありがとう・・・。


そして、 大切なことを 気づかせてくれて ありがとう・・・。


音楽の力は やはり すごい・・・。



 


・・・つづく
by felt_sangopapa | 2010-09-23 21:49 | 吹奏楽&司会&オケ&音楽

本物みたいにフェルトで手作りした「食べられないケーキ屋さん」です 下野市にあるアトリエ&ショップにお気軽にどうぞ!最近はフェルトよりも日常ネタと駄菓子屋ネタと音楽ネタばかり?


by felt_sangopapa