人気ブログランキング |

スミス&バーンズ三昧♪

演奏会の司会台本をもらったあとから

演奏会が終わってからの 数日まで・・・


演奏会で演奏する 楽曲を

いつも ヘビロテ しています (笑)



そして 作曲者の 他の作品も

いろいろ 聴いてみて

またそれも ヘビロテ しています (笑)







スミス&バーンズ三昧♪_b0187479_23294160.jpg


結成35周年記念
小山市交響吹奏楽団
第35回定期演奏会
 の つづき・・・






プレリュード・ヴァリエーションズ ・・・・・・・・ クロード・T・スミス 作曲




スミス・・・ と言えば~

スミス三部作!!


プレリュード・ヴァリエーションズ

初めて聴いたとき~

へぇ~(´ ▽`).。o♪♪

フェスティバル・ヴァリエーションズみたいな~
似てる部分ありますね♪


スミス氏の 埋もれていた?作品









客演指揮者の 滝澤尚哉さん

作曲家ジェームズ・バーンズ氏の 愛弟子ということで・・・


ジェームズ・バーンズ氏の 楽曲を いろいろ ヘビロテ ♪ 



アルヴァマー序曲 ・・・・・・・・ ジェームズ・バーンズ作曲


この曲は 有名ですね♪




明るい曲を聴いた後・・・






死 の 悲しみ を・・・




交響曲 第三番 ・・・・・・・ ジェームズ・バーンズ作曲



第1楽章

長女ナタリー 娘を失った心の中の挫折、苦しさ、絶望、落胆の気持ち





第2楽章

皮肉とほろ苦さをもって世界中のある種の人々の尊大さやうぬぼれを表現






第3楽章

もし 長女ナタリーが生きていたらという世界を描いたファンタジーであり
ナタリーへの別れの言葉





第4楽章

心を取り直し、すべてを甘んじて受け入れる。
第2主題は ナタリーの葬儀で歌われたルーテル教会の賛美歌「神の子羊」
作曲を終えた3日後、1994年6月25日に息子ビリーが生まれた。
第3楽章がナタリーのための楽章であれば、終楽章はまさにビリーのための楽章であり、
姉であるナタリーを失った後に彼を授かった喜びでもある。







明るい曲を 聴いた後は

余計に 身に沁みる・・・(ノ_-。)



苦悩 から 歓喜 へ 














祈りとトッカータ ・・・・・・・・ ジェームズ・バーンズ作曲


昔は 呪文とトッカータ と 呼ばれていたらしい





パガニーニの主題による幻想的変奏曲 ・・・・・・・・ ジェームズ・バーンズ作曲







いろいろ ヘビロテ~ ♪


 ♪   ♫  ♪ ~( ̄∇ ̄)~ ♪  ♫ 
by felt_sangopapa | 2015-06-08 18:47 | 吹奏楽&司会&オケ&音楽

本物みたいにフェルトで手作りした「食べられないケーキ屋さん」です 下野市にあるアトリエ&ショップにお気軽にどうぞ!最近はフェルトよりも日常ネタと駄菓子屋ネタと音楽ネタばかり?


by felt_sangopapa